木曽山麓の「木の実工房」

リ ス の

主宰者 ; 杉本 小百合

◆ トロッケンゲビンデ          

 ドイチエフォルクスクンスト認定講師

 ◆ ブリヨンフラワー 

ブリヨンアートア カデミー認定講師

  リスは山中で「木の実」を収集していることが多々あります。

  講習会等のご相談は、メールにてお願いいたします。

 E-mail;

sayuri.sugimoto@aquasoft-net.com

 ご相談メールには、

 ①お名前  ②ご住所  ③電話番号

 ④ご相談内容他

            をご記入ください。

 

★ 活動の記録 (3-2)★

 

▶平成29年10月26日~27日

 2017 高松 水道展 - 2

   

 

  活動の記録(1)

 活動の記録(2)

活動の記録(3-1)

 

≪「活動の予定」一覧を見る≫

活 動 の 記 録 (3-2)

   平成29年度-2

    

▶平成29年10月26日(木)~27日(金)  (高松シンボルタワー北側広場)

  2017 高松 水道展-2

 台風を心配し当初予定の24日(火)の早い時間に一宮市を出発し、香川県の高松駅には11時過ぎに到着しました。昼過ぎ、バスにて近くの「栗林公園」へ。緑深い紫雲山を背景とした400年近い歴史を持つ江戸初期の回遊式大名庭園です。公園には金沢の兼六園と同様に多数の庭師さんが働いていて、丁寧に木々のお手入れ等をなされていました。

  約1,000本の松に手を加えている『手入れ松』は、まるで『盆栽』のようで見事な枝ぶりでした。紫雲山を背景として眺められる景色は、スケールが大きく・とても立体的で素晴らしい景色でした。

 

 

 

 

 

 

        手入れ松          樹齢約110年を超えるヒマラヤスギ      紫雲山を背景として                  〔盆栽松の大型!! 〕            〔名標板には樹高20m、幹周5.2m〕     〔後方の数寄屋造りの純和風建築は鞠月亭〕

 

  宿泊したホテルの眼下には、高松城址(玉藻公園)のお堀と木々の杜が広がり、台風一過で、展示会の両日は眩しいくらいの秋晴れで、部屋からは毎朝、綺麗な朝日を拝むことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  高松城址(玉藻公園)のお堀と杜      綺麗な朝日(手前は高松城址)    高松駅前のJRホテルの前にて

 

  25日(水)が1日フリー( 小さく ガッツポーズ)となったため、10年程前から一度行きたかった徳島県鳴門市にある「大塚国際美術館」へ行ってきました。朝9時過ぎのJR高徳線にて高松駅から少し足を延ばし高松→池谷→鳴門駅→路線バスで、11時過ぎに美術館につきました。 〔2時間少々のJR列車とバスの旅〕
  大塚美術館は、日本最大級の常設展示スペースを有する「陶板名画美術館」です。                                                                                              (入館料も日本一高い¥3,240/1人です。)
  大塚美術館には古代壁画から1,000余点の陶板による西洋名画が展示されていました。25年程前の卒業旅行でヨーロッパの美術館や教会堂を訪ね歩いた40日間の楽しかった一時を思い出しながら・・・・・・・・・・・、閉館近くまでタップリ(5時間程)と楽しんで参りました。

 

 

 

 

 

 

      JR鳴門駅前にて           美術館の正面玄関前にて        モネの「大睡蓮」前にて                  「うずひめちゃん & うずしおくん」    「入口からは長いエスカレーターで3階へ」      「強い風で髪が乱れ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

    システィーナ・ホール        ボッティチェッリの「ヴィ-ナスの誕生」     フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」

 

  水道展示会終了後、倉敷川に並び立つ柳並木白壁の土蔵を観に、岡山のしっとりとした風情の町並み「倉敷」にて 1泊。 翌朝はあいにくの小雨でしたが、倉敷駅のコンビニでビニル傘を購入し、美観地区にある大原美術館にて25日の大塚美術館で観たエル・グレコ「受胎告知」やクロード・モネ「睡蓮」などの『原画』を再度観て堪能した後、小雨降る街並みを散策して 「きびだんご」で有名な 廣榮堂 さんや、 「マスキングテープ発祥の地 として知られている倉敷のmt専門店 TANE さんに立寄り、ブリヨンやガヌテルの室内装飾作品を収納する 『箱付きの額』 の箱周りに貼り付ける倉敷生まれの数種類の綺麗な「テープ」を買って参りました。

 

 

 

 

 

 

      JR倉敷駅前にて                          倉敷川の畔にて

 

 

 

 

 

 

 

    スクエア内の倉紡記念館にて          大原美術館を背景に

 倉敷アイビースクエアにて  (明治30年にイギリスから輸入の消防用蒸気ポンプ)

 

  前シートの2017 高松 水道展関連は、この 2017 高松 水道展-1 をクリックして下さい。