業務委託関連

  設計・施行基準書構築

 各種調査

    ウォータハンマ発生源調査

    水圧測定調査

    漏水調査

    貯水槽調査

  水理計算業務

漏 水 調 査

 

   【業務の概要】

  ● 調査概要

   ・現地下見調査、弁栓類音聴調査、路面音聴調査及び確認調査にて、貴重な水道水の経済的損失及び路面

    陥没等による二次災害の発生を防止します。

      

     ① 現地下見調査

         管路図等により、調査区域の施設状況等を確認します。また、給水住戸等の施設密集度や交通量の

         把握を行います。

     ② 弁栓類音聴調査

         配水管及び給水装置の漏水を的確に探知するため、道路の制水弁や各住戸のメーター及び止水栓

         に直接音聴棒を接触させ、異常音の有無を確認します。

     ③ 路面音聴調査

         配水管及び給水装置の漏水を探知するため、漏水探知機にて路上探知を行い、異常音の有無を確

         認します。また、 騒音や交通量の多い給水区域においては、夜間の実施が効果的です。

     ④ 確認調査

         漏水位置を特定するため、弁栓類音聴調査や路面音聴調査にて探知した異常音の発生箇所に電気

         ドリルにて20mm程度の穴を開け、音聴棒により漏水箇所を決定します

 

 

 

  

 

 

                                      弁栓類音聴調査            路面音聴調査              確認調査

   【業務の効果】

   ・ 貴重な水道水の経済的損失を防ぎます。           (有収率の向上)

   ・ 給水区域内の水圧上昇につながります。               (使用者の快適性向上)

   ・ 路面陥没等による二次災害の発生を防ぎます。       (事故防止)